酵素の種類について

酵素

酵素

酵素は、

  • 食べ物の消化を助ける
  • 皮膚の新陳代謝を高め、血液の循環を良くする

など体のあらゆる機能に関係を持っていて、たくさんの種類があります。

機能で分けると、3つに分けられます。人間の体内にある潜在酵素としての「消化酵素」と「代謝酵素」です。

体内には存在しないで食物に含まれている「食物酵素」があります。

「消化酵素」は、その名が示すとおり食べたものを体が吸収しやすい消化をうながすものです。

デンプンを分解するのはアミラーゼです。

肉などのタンパク質の分解は、プロチアーゼです。

脂肪の分解には、リパーゼです。

これらの消化をうながす潜在酵素の働きで、分解された栄養素は小腸で吸収されます。

消化がされて、栄養素がエネルギーに変わったら次に体内で働かせるのが消化をうながすものです。

体内の代謝を支援します。

運動、呼吸、脳における働き、老廃物の排出、ウィルスと戦う、肌の新陳代謝を促したりして、人間生活のあらゆるシーンで登場します。

 

消化と代謝という人間には欠かせない機能をつかさどり、バランスをとっています。

消化が忙しくなれば、代謝を控えるといった作用をになっています。

 

最後に食物に含まれるものは、食物酵素といわれて健康のために消化を控えて、代謝の量を増やすことと、その働きを活性化させる働きがあります。

新鮮な生の野菜、お刺身、納豆などに含まれているものは、消化を助けて体内の無駄使いを改める働きがあります。

おなかが、すぐにすっきりするのはこの働きによるものです。

 

SNSでもご購読できます。